花の家について

創業の精神

老いていても 病んでいても、一人一人のいのちの花が最期のときまで踏みにじられることがないように、
より豊かな生を支える活動を行います。

実践の理念

創業の精神を踏まえ、利用者が最期まで尊厳を失う事なく生を
全うできるように支援いたします。

情報提供の理念

創業の精神を踏まえ、人々の福祉に役立つ情報を実践活動で高め、
個人のプライバシーを侵すことなく社会に提供いたします。

代表   宮田さよ子(看護師)

1948年、熊本生まれ。近畿高等看護専門学校卒業。日本福祉大学卒業。ケアマネージャー。看護師として20年間にわたり、内科、小児科、泌尿器科、眼科、口腔外科、精神科、リハビリ病棟、訪問看護の勤務経験あり。京都市ホームヘルパー介護講習にて講師を2年間務めた後、「日本いのちの花協会」の前身である「京都在宅ケア研究所」を現在の「みかげの花の家」の場所にあった「一点画廊 羊の隠れ家」内に開設する。1995年よりホスピスケアを含む専門看護・介護付き終身ホームの運営を開始、京都市左京区に現在の有料老人ホーム(住宅型)「花の家」を開設。医療とケアに人間の尊厳を求める「いのちの花の会」の活動と併せ、日本いのちの花協会の代表として運営にあたる。また、一般に向けた「介護のいろは教室」の開催や、いのちの花サロンにてハーブを使った「すいよう花カレー」の提供も行なっている。2011年より認知症予防のための「お元気クラブ」も始める。

代表 宮田さよ子

副代表   西原のり子(保健師・看護師)

1979年生まれ。大阪芸大卒。京都中央看護保険専門学校卒。
代表   宮田さよ子の長女。

【本人のコメント】
「看護師が経営するターミナルケア施設、その良さも大変さも「楽しんで生きる力」に変えて成長してまいります。」

副代表 西原のり子

入居者様へのお約束

私達は、最期までご利用者の人間としての尊厳を守るケアに誇りをもって取り組みます。

8つの基本方針

  • 利用者がいかなる症状を持っていても、尊厳ある人格をもった一人の社会人として向き合い、かつ高齢期にある人として敬愛する。
  • 利用者一人一人とよいコミュニケーションを心掛け利用者全体の調和を図る。
  • 利用者の安全を図りながらケアを行う。
  • 高齢期の身体状況に応じた適切な食事を楽しみながら食べてもらう。
  • 最期まで一人の人間として生活してもらうために「わたしたちの願うリハビリ」(大項目19)を取り入れたケア計画を立てて実践する。
  • 温かで落ち着いた環境を整える。
  • 病気の予防と早期発見につとめ、一人一人のニーズに沿ったケアによって、少しでも長く「花の家」での生活を楽しんでもらう。
  • 看取りのケアにおいては、安らぎの中で尊厳ある人生の仕上げとなるよう、苦痛の緩和と精神的慰安につとめる。

年中行事やレクレーション

年中行事

1月/元旦のおせちの賞味・初詣
2月/節分の豆まきと巻き寿司の賞味
3月/ひな祭り・梅見
4月/お花見
5月/端午の節句・母の日
6月/ドライブレクレーション

7月/七夕まつり
8月/大文字の送り火パーティ
9月/敬老コンサート
10月/屋上ガーデンでの芋ほり
11月/紅葉狩り・干柿づくり
12月/クリスマス会

レクレーション

ご利用者様が孤独で退屈な時間をすごされることのないように。

ご利用者様それぞれが、これまで楽しんできた趣味を続ける場を提供。
10年以上もお世話になっている綾村先生の書道教室や七夕コンサート、お彼岸のおはぎづくり、紅葉狩りなど四季折々のイベントも盛りだくさんです。
これからもご利用者の笑顔を誘うため多彩なレクレーションを提供いたします。

花と緑の「花の家」

花を愛でながらのティータイムに癒されて

宮田代表の趣味のひとつでもあるガーデニング。
「花の家」の庭園では1年を通じて美しい花々が咲き誇り、
ご利用者や職員はその美しい光景から新しい季節の訪れを
感じます。

また、屋上菜園では野菜や果物が育てられ、玉ねぎ堀り、
いちご狩りをするのもご利用者の楽しみ。
2002年にはいのちの花ガーデンではじめて「いのちの花の会」の
ガーデニングパーティを開催しました。