よくある質問

よくある質問

「花の家」について多く寄せられる質問をご案内します。

入居について

Q1

入居資格に決まりはありますか?

・「花の家」へは60才以上で何らかの疾患や症状でケアが必要な要支援2以上の方
・当協会の理念に共感し「いのちの花の会のカードにサインされる方(家族の代筆可)
・料金表にある利用料金を支払える方

Q2

夫婦での入居は可能ですか?

可能です。ただし、全てが個室ですのでお一人お一人が別の部屋となります。各々が要介護状態でいらっしゃるので、ある程度お元気な間は隣同士ということも良いと思うことはありますが、どちらかが重症化された時には、他方が過度に心配されることもあるため、どちら様にとってもいいという考えで居室を選んで入居して頂きます。

Q3

入居までの流れを教えてください。

(1)ご家族様からの問い合わせ → 資料の郵送
(2)見学と面接
(3)提出資料:1.申込書 2.健康状態情報提供書 3.アンケート 

を郵送か届けてもらいます。

(4)利用者の面接

1.お試しご利用(ショートステイ)1週間(1週間分の前払い)

2.1の後、長期利用契約(契約料入金)

(5)入居となります

Q4

いつから入居できますか?

空きがない場合はご自宅や病院、他施設などで待期して頂くことになります。
空いた時にはご連絡し、入居手続きを進めます。

Q5

寝たきり状態ですが、入居できますか?

入居可能な場合もありますが、医療的ニーズが高い方(管を入れておられる方・吸引の必要な方・インスリン注射の必要な方など)は難しい場合があります。お問い合わせ頂いた時にケアマネージャーから確認させて頂きます。

Q6

認知症ですが、入居できますか?

入居できます。入居者の殆どの方が認知症であり、創業の精神として、どのような方にも最期まで尊厳を失われないよう、生を全うして頂ける事を願ってお世話しています。

入居費用について

Q1

入居時に必要な費用は?

一時金として一括方式は85歳以上で1000万円、また年齢に関係なく250万円の年間方式も選択して頂けます。それ以外に定額の月額利用料(25万円)、介護保険・医療保険の自己負担分などが必要です。詳しくは料金表をご参照下さい。

Q2

入居一時金にローンは使えますか?

どのような場合でも対応はございません。

Q3

途中退去の場合、費用の返還はありますか?

あります。

1 一括方式の場合は60カ月で割って、入居月数を除いた残りの月の分

2 年間方式の場合は12カ月で割って、入居月数を除いた残りの月の分

を、各々返還させて頂きます。月額のご利用料に関する返還はございません。

Q4

医療保険、介護保険と入居者が支払う費用との関係は?

ご自宅から花の家へ引っ越しをされたとお考え下さい。病院にかかられた医療費は同じ様に必要です。病状に応じて往診して頂く場合は、実費として請求させて頂きます。花の家で要介護認定を受けておられる度合いによってケアプランを立て日々のケアを、介護保険も使ってサービスを提供します。そこで発生する一額の負担金(2015.82割の負担となる方もある)を月額の利用料にプラスしてご請求させて頂きます。

Q5

月々の経費の支払い方法はどうすれば良いのですか?

月額の利用料は前払いとして前月の27日に、また消耗品や医療・介護の自己負担額などの当協会による立替金などは後払いとして翌月に請求(請求書はご様子のお知らせと一緒に送付)させて頂きます。基本的に口座振替えとなります。

Q6

入院した時など施設にいない時でも、月額料金を支払うのですか?

基本的に入居として扱い月額利用料はご負担頂きます。食費は(3食とも食べておられない日を1日として)日数分を減額させて頂きます。

Q7

入居金に対するクーリングオフのような制度はありますか?

1週間のお試しご利用中に解約される場合には、すぐにご退去の手続きを進め、返還金を日数単位で計算して返還します。
その後の解約については、入居月数の月単位で差し引いた残りを全額返還します。

Q8

入居金は保全されるのですか?

法定額の上限500万円までを金融機関で保障し証明書も発行しています。

施設について

Q1

防犯や防災のために、どの様な配慮がありますか?

1.どの花の家にも玄関がオートロックでありモニターにより識別して解錠しています。
2.どの花の家にもセコムシステムを導入しています。
3.庭園にはフェンスを設け、非常階段から降りられた場合には表の道路までは出られないようにしています。(「北白川の花の家」のみ)
4.防災訓練は年2回実施 夜間想定はもちろん、地震の訓練も実施しています

Q2

日常の健康管理はどうなっていますか?

日常的なバイタルチェックや普段と変わりないかをケアワーカーが中心となり把握しています。看護師は巡回でのケアワーカーからの情報をもとに直接ご利用者の状況を把握したり、24時間ケアワーカーからの相談対応やケアの指示を電話およびベッドサイドにて行って、看取りのケアまで実施しています。連携医師と定期往診以外にも電話での相談も行っています。
薬剤管理のため、調剤薬局にも協力してもらっています。

Q3

食事について聞かせてください

「食事は薬であり楽しみである」という創業者の強い想いで高齢者にとって適切な食事の提供に日夜努めています。とくに旬の食材をたっぷり使っての献立てや行事食にも力を入れています。また最期まで口から食べて頂くことと形あるものを召上って頂けるソフト食も開発しています。

Q4

必要な日用品は用意してもらえるのですか?

ご利用者の希望に応じて、新聞や雑誌の定期購読の手配又通販のショッピングの支援も行っています。立て替え払いをさせて頂き後に請求させて頂いています。

Q5

家族の宿泊は可能ですか?

看取りの時期は、各花の家の予備室が空いている場合は泊まることが可能です。ご利用者の居室で一緒に過して頂くことも可能です。