創業の精神・実践の理念・情報提供の理念

創業の精神


老いていても 病んでいても、一人一人のいのちの花が最期のときまで踏みにじられることがないように、より豊かな生を支える活動を行います。

「いのちの花」とは

誰にも、どんな状況の人にもそれぞれにある「いのち(生命)の花」。人間としての尊厳を、さいごの瞬間まで大切にしたいという想いから「日本いのちの花協会」という名称にしました。

実践の理念


創業の精神を踏まえ、利用者が最期まで尊厳を失う事なく生を全うできるように支援いたします。

情報提供の理念


創業の精神を踏まえ、人々の福祉に役立つ情報を実践活動で高め、個人のプライバシーを侵すことなく社会に提供いたします。

代表   宮田さよ子(看護師)

熊本生まれ。近畿高等看護専門学校卒業。日本福祉大学卒業。マネージャー。看護師として20年間にわたり、内科、小児科、泌尿器科、眼科、口腔外科、精神科、リハビリ病棟、訪問看護の勤務経験あり。京都市ホームヘルパー介護講習にて講師を2年間務めた後、「日本いのちの花協会」の前身である「京都在宅ケア研究所」を現在の「みかげの花の家」の場所にあった「一点画廊 羊の隠れ家」内に開設する。1995年よりホスピスケアを含む専門看護・介護付き終身ホームの運営を開始する。

副代表   西原のり子(保健師・看護師)

京都中央看護保健専門学校(現 大学校)卒。

大阪芸術大学映像学科卒。

「花の家」主治医   十倉孝臣(十倉医院院長)

【十倉先生からのコメント】

最初に感じたことは、宮田代表はもちろんですが、花の家のスタッフ全員が協会の理念である「さいごまで人間らしく」を理解して信念をもってケアを実践されているということでした。

実際に入居されている方々を往診するたびに見ていると、日中はスタッフと庭園を散歩されたり、自室でくつろいだり、大きなリビングルームで昔からの友人のように賑やかに会話をしておられたりと、一人ひとりに寄り添った対応に、正直なところ驚くほどです。それと同時に、看取りまでのケアでは、重症になられてからのケアも注意深く行われており「花の家」のケアは究極の介護ではないかと感じています。

家族と楽しく自分の自宅で過ごすのが理想ではありますが、入居者とスタッフが信頼し合っている「花の家」のようなホームに入ることが出来れば、しあわせな人生の仕上げになると思います。私も、共感するその理念と方針を、「花の家」のスタッフと共有していけたらと考えています。

 


入居者様へのお約束


私達は、最期までご利用者の人間としての尊厳を守るケアに誇りをもって取り組みます。 

 8つの基本方針

1:利用者がいかなる症状を持っていても、尊厳ある人格をもった一人の社会人として向き合い、かつ高齢期にある人として敬愛する。

 

2:利用者一人一人とよいコミュニケーションを心掛け利用者全体の調和を図る。

 

3:利用者の安全を図りながらケアを行う。

 

4:高齢期の身体状況に応じた適切な食事を楽しみながら食べてもらう。

 

5:最期まで一人の人間として生活してもらうために「わたしたちの願うリハビリ」(大項目19)を取り入れたケア計画を立てて実践する。

 

6:温かで落ち着いた環境を整える。

 

7:病気の予防と早期発見につとめ、一人一人のニーズに沿ったケアによって、少しでも長く「花の家」での生活を楽しんでもらう。

 

8:看取りのケアにおいては、安らぎの中で尊厳ある人生の仕上げとなるよう、苦痛の緩和と精神的慰安につとめる。

 


年中行事やレクレーション


 年中行事

1月/元旦のおせちの賞味・初詣

2月/節分の豆まきと巻き寿司の賞味

3月/ひな祭り・梅見

4月/お花見

5月/端午の節句・母の日

6月/ドライブレクレーション7月/七夕まつり

7月/七夕まつり

8月/大文字の送り火パーティ

9月/敬老コンサート

10月/屋上ガーデンでの芋ほり

11月/紅葉狩り・干柿づくり

12月/クリスマス会

 レクリエーション

ご利用者様が孤独で退屈な時間を過ごされることのないように。

 

ご利用者様それぞれが、これまで楽しんできた趣味を続ける場を提供。

10年以上もお世話になっている綾村先生の書道教室や七夕コンサート、お彼岸のおはぎづくり、紅葉狩りなど四季折々のイベントも盛りだくさんです。

これからもご利用者の笑顔を誘うため多彩なレクレーションを提供いたします。

花と緑の「花の家」

花を愛でながらのティータイムに癒されて


宮田代表の趣味のひとつでもあるガーデニング。

「花の家」の庭園では1年を通じて美しい花々が咲き誇り、ご利用者や職員はその美しい光景から新しい季節の訪れを感じます。

また、屋上菜園では野菜や果物が育てられ、玉ねぎ堀り、いちご狩りをするのもご利用者の楽しみ。

2002年にはいのちの花ガーデンではじめて「いのちの花の会」のガーデニングパーティを開催しました。